ニキビ跡を考慮した洗顔の方法

肌をこするようにゴシゴシと強く洗ったり、洗顔料を使わずに汚れを蓄積させたりしているとニキビ跡が悪化してしまいます。ニキビ跡がある際には、洗顔料を十分に泡立てて泡と汚れを馴染ませるような感覚で優しく洗顔することがポイントです。市販の泡立てネットを用いるとモチモチフワフワの泡が簡単にできますよ。洗顔料の泡立てが不十分の場合、摩擦が生じてニキビ跡の治癒が遅れてしまいます。時間を掛けて丁寧に洗うと肌が綺麗になると考えている方が多いですが、長時間の洗顔はニキビ跡に大きなストレスを与えます。2分弱で洗顔からすすぎまでの工程を完了させることが望ましいです。洗顔料の洗い残しは肌荒れの一因となるため、丁寧に洗い流さなければなりません。髪の毛の生えぎわなどは泡が残りやすいので、要注意です。また、1日に何回も顔を洗うと肌のバリア機能が低下してしまいニキビ跡が治らないことも理解しておく必要があります。

ニキビ跡の状況に応じたスキンケア

症状に応じたケアを行わなければニキビ跡はなかなか治りません。赤みを帯びたニキビ跡は、古い角質に覆われて深部にまで美容成分が浸透しにくい状況に至っています。有効成分をしっかりと浸透させるための工夫を明記している商品を選ぶ必要があります。スキンケア用品を切り替えただけで肌質が改善して美肌になったという方は少なくありません。色素が沈着しているタイプのニキビ跡には、メラニンの生成を抑制する効果を有する成分が配合されている美白化粧品がオススメですよ。また、皮膚がデコボコになっているクレーター状のニキビ跡は、専門の医療機関におけるピーリングやレーザー治療を通じて治癒を望めます。

美容整形外科にはニキビ跡の治療に使用する最新機器を取り入れているところが多く、レーザー治療をはじめ注射治療、イオン導入、フォトフェイシャル治療などさまざまあります。