義歯をつけた直後に食事を取るのはやめよう

歯科で、初めてブリッジやクラウンといった義歯を入れた場合、どういったことに注意すればいいのでしょうか。まず、歯科医も必ず伝えるはずですが、義歯をつけた直後になにもしないということが大切です。物を食べるのは三十分ぐらい空けた方がいいでしょう。義歯をつけた直後は接着用のセメントがまだ乾いておらず、物を食べてしまうと義歯がずれてしまうことがあり得るからです。

また、せんべいなどの固い食べ物はしばらく避けた方が安全です。もちろん、義歯は非常に固い素材でできているため、せんべいを食べたからといって砕かれてしまうことはありませんが、装着し始めは少し違和感があるというケースが多いので、最初はやわらかめか普通の食べ物で慣らしていった方がいいです。

義歯もしっかりと磨くことで中の土台を虫歯から守る

では、義歯をつけてからしばらく経った状態では、なにに注意すればいいのでしょうか。まず、当然ですがほかの歯と同じくきちんと磨くようにしましょう。義歯は虫歯になることはありませんが、義歯の根元が食べかすなどで不潔な状態になり、そこから虫歯に感染してしまうことはよくあります。つまり、義歯の土台となる天然の歯が虫歯で駄目になってしまうのです。

そうなってしまうと義歯を外しての再治療が必要になってくるので大変です。場合によっては土台の歯を抜歯して義歯を作り替えないといけないこともあります。なので、義歯周辺もしっかりと磨く必要があるのです。

また、義歯周辺を清潔にすることで歯茎を健康に保つと、下がった歯茎と義歯の根元の間にできた隙間が目立つといったことがなくなります。

荻窪での歯科選びは、治療品質や院内環境、対応面など、さまざまな点を総合的に判断することで、より安心して利用できるクリニックが見つかります。